結婚

ライフステージが変わるたびに見直す必要

備えのために、保険に加入している方も多いと思います。入院や手術となってしまった場合には、高額な費用がかかってしまうこともありますから、全て自分で負担するとなると辛いものですよね。誰でも、怪我や病気をする可能性はありますから、出来ることなら万が一のための備えは行っておいた方が良いでしょう。しかし、保険はライフステージが変わるたびに見直す必要があります。では、その見直しのタイミングのひとつ、結婚についてご紹介しましょう。「どうして、結婚をしたら見直しが必要なの?」と思われる方も多いでしょう。

結婚を機に

まず、女性の場合には苗字が変わることになります。最低でも、苗字の変更の手続き、保険の受取人などの変更が必要となります。男性の場合には、親を受取人としている方が多いと思いますが、結婚後は受取人を奥さんに変えることになります。また、結婚を機に生活スタイル、人生設計なども変わってくることになりますから、補償内容が今の状態で良いのか、見直す必要があるでしょう。二人の人生設計を立てた上で、必要な保険に切り替える様にしましょう。更に、女性の場合には、妊娠や出産により、保険に入りにくくなる可能性があります。そのため、保険に入れる状態のうちに、早めに見直しを行っておく必要があります。万が一、出産で帝王切開になった場合、妊娠中毒症などとなった場合にも補償される保険に加入しておいた方が、後々安心出来る保険といえるでしょう。


Copyright (C) 2013-2014 保険見直し相談所 All Rights Reserved. 運営者情報 プライバシーポリシー 利用規約