介護保険について

老後は大丈夫だろうか?

将来のことを考えると、不安と感じている方も多いと思います。高齢化社会の問題が深刻となってきている今、「老後は大丈夫だろうか?」と心配に感じている方も多いでしょう。出来ることなら、老後に備えて自分で備えておいた方が安心ですよね。では、保険の種類のひとつ、介護保険について、ご紹介しましょう。介護保険とはどういったものかというと、認知症となってしまったり、寝たきりの状態となってしまった場合など、介護が必要となってしまった時に、保険金が支払われる保険となります。お子さんがいる方も、「将来は子供の世話にはなりたくない」と考えている方も多いでしょうから、こういった介護保険に加入しておくことで、お子さんの負担を抑えることも出来ます。

老後のために準備

介護保険の場合には、介護が一定期間必要となった時に、一時金、年金が支払われるタイプ。公的介護保険の要介護認定となった場合に、連動して一時期や年金が支払われるタイプがあります。要介護の認定は、初回の場合には6カ月。その後は、12カ月毎に見直しが行われることになります。要介護認定を受けるには、市町村での介護認定審査会の審査が必要となります。介護保険は、まだ制度がしっかりと整った状態ではありません。保険金が支払われる基準なども、まだはっきりとしていないところもありますので、注意が必要。加入の際には、しっかりと内容を確認しておいた方が、後々困ることがないでしょう。このように、老後のために準備をしておくためには、介護保険という保険もありますよ。


Copyright (C) 2013-2014 保険見直し相談所 All Rights Reserved. 運営者情報 プライバシーポリシー 利用規約