住宅購入

都度保険を見直す必要があります

保険に加入している方は、「保険に入っているから、これで何があっても安心」と思っている方もいると思います。しかし、ライフステージが変わるごとに、必要となる補償内容は変わってきますから、その都度保険を見直す必要があります。では、保険の見直しのタイミングのひとつ、住宅購入について、ご紹介しましょう。「どうして、住宅を購入した時にまで見直しが必要なの?」と不思議に思われる方も多いでしょう。住宅を購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを利用していると思います。住宅ローンは、30年ローン、35年ローンなど長い期間でのローンを組んでいる方がほとんどですよね。そのため、このローン期間中に、旦那さんが働けなくなってしまった場合などには支払いが行えなくなってしまう可能性もあります。

住宅ローンを組んだ際には

出来れば、そういった事態にも対応出来る様に、保険の準備をしておいた方がより安心といえるでしょう。住宅ローンを組んだ際には、団体信用生命保険がおすすめ。この保険に加入していることで、万が一旦那さんが高度な障害となり働けなくなってしまった場合、死亡してしまった場合にも、家と家族を守ることが出来ますよ。住宅ローンは決して安い買い物ではありませんから、残された家族がローンの支払いに困ったり、住む場所がなくなってしまう様なことがない様に、しっかりと準備をしておいた方が良いでしょう。しかし、加入している生命保険の補償内容によっては、内容がかぶってしまうこともありますので、内容を確認した上で準備しましょう。


Copyright (C) 2013-2014 保険見直し相談所 All Rights Reserved. 運営者情報 プライバシーポリシー 利用規約